立派な父になりたくて~30代の試行錯誤

立派な父とは何かを自問自答する30過ぎの器用貧乏なサラリーマンのブログです。イクメン力・体力・知力・財力を高め立派な父を目指します!

9999

どうもこんにちは!りっぱぱです。

 

タイトルはイエモンの9枚目のオリジナルアルバムのタイトルです。「9999」でフォーナインと読むそうです。イエモンとは、The Yellow Monekeyというバンドです。知ってるよね?

9枚目にして19年ぶりの非常に感慨深いアルバムです。4月17日リリースですが、今から楽しみで仕方ない!!

今回はちょっとだけイエモンのことを書きたいと思います。

イエモンの世代よりは少し下で、好きになるまでは「まぁ有名な曲ぐらいは知ってる」ぐらいでした。『楽園』とか『JAM』とか『バラ色の日々』とか。

で、活動休止⇒解散が正式に決まったのがちょうど高校生の時で、その時に改めて聞いてみるかーとTSUTAYAでベストアルバムとか何作か借りて聞いたのですが、それがきっかけでドはまりしました。

『Lovers on Backstreet』とか『Romantisit Taste』なんか個人的には衝撃でした。

『あなたが醜い豚でもいい 困ることなど何もない』とか『モラリストが泣いてすがるイデオロギーはこけおどしさ』とかの歌詞にハマってましたねぇ。

今思えばどんな高校生やねんって感じですが。

 

そんなこんなで高校生の時にイエモンが好きになったのですが、解散してからの事なので、ずーっと「なんで解散してしまったんや!なんでもうちょっとやってくれへんかったんや!」って思っていました。

そういう意味では、解散後に好きになって本当に悔しかったのは、イエモンと、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTぐらいですね。ミッシェルに関しては、もう本当に残念です。大学生の時にアベが亡くなってミッシェル好きの友人と飲んだりもしましたねぇ。

 

幸いなことにイエモンは2016年に再結成&活動再開!この時は、長男が0歳で子育て大変だったのに、奥さんに無理を言って広島まで一人で復活ライブ行かせていただきました。

1曲目の『プライム。』で泣き叫び、『LOVERS ON BACKSTREET』で泣き崩れ、『ALRIGHT』でうれし泣き、『JAM』でむせび泣きました。

イエモンはライブが本当に最高なので、おすすめです。

 

そんなイエモンが9作目のオリジナルアルバムを出します。さっきも書いたけど19年ぶり。

活動再開からのシングルが入っていて、例えば

『ALRIGHT』『砂の塔』『ロザーナ』『天道虫』なんかが入っているようです。

特設サイトができてるので、リンクを貼ります。

tym9999.com

なんか、この特設サイト見るだけで興奮&感動してしまいます。

Youtubeにもアルバムに収録される『I don't know』があるので、それも貼ります。


THE YELLOW MONKEY - I don't know

 

ちなみに、2月1日(金)にはMステにも出演するそうです。

めっちゃ見たい!でも、出張中や・・・早く日本に帰らせて・・・

 

趣味の話が長くなりましたが、非常に良いバンドなのでもう既に有名ですが、ちょっと紹介してみました。

『復活するのが遅すぎる』とか『昔のビジュアルバンドみたいなのは時代に合わない』とかわけわからん批判もあるみたいですが、そんなしょーもない批判を吹き飛ばすぐらいのエネルギーは、まだ余裕であるバンドです。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!