立派な父になりたくて~30代の試行錯誤

立派な父とは何かを自問自答する30過ぎの器用貧乏なサラリーマンのブログです。イクメン力・体力・知力・財力を高め立派な父を目指します!

熊田曜子さんの発言に思う、夫の動かし方

どうもこんにちは!りっぱぱです。

スマニューやグノシーなんかでよくニュースを見るようにしているのですが、昨日こんな記事を見つけてしまい、「こんな風に思われてたら、夫はしんどいなぁ」なんて感じた次第です。

gunosy.com

 

この記事にもあるように「女の代表ぶるな」とか「男を一括りにするなl」っていう感想はごもっともだし、共感する部分ではあるものの、別にこの人に適切な表現の仕方とか思慮深い発言とかは誰も求めてないじゃなかろうか。

それに、本人もそんなつもりで言った訳じゃないだろうし(たぶんね、たぶん。)、そこまで個人的にはイラっと来なかったんです。

 

でも、「男の人は(あやし方がなど)わからないからすぐ諦める」と「料理を作るにしても妻が買った食材を調理するだけで、後片付けなどは一切しない」の部分は自分が奥さんにこんなこと言われたり、思われてたら、それが仮に事実でも結構へこむなぁと。

ただの愚痴と番組受けを狙って言ったことなんだろうけど、本当に夫にもっと育児や家事に参加してほしいなら、この手の発言は大いに逆効果だと思います。

たぶん、熊田さんと同じことを思っている奥様方はたくさんいると思うし、その人たちからしたら、「事実を言って何が悪い!」という気持ちがあるのも、わからなくはないのですが、夫をうまく動かすためだと思って読んでもらえればと思います。

 

◆「あやし方がわからない」のは事実。だから訓練を。。。

誰しも最初から子どものあやし方なんてわかりません。職業柄、私は子どもに接する機会が人より多いのですが、それでも我が子が生まれた時は、赤ちゃんのあやし方なんてどうしていいかわかりませんでした。

本能的にお母さんの方が赤ちゃんのあやし方や接し方は上手です。お母さんと同じレベルに近いことをお父さんにいきなり求めるのは酷な話です。

それに、お父さんも別にめんどくさくて子どもをあやさなかったり、途中であきらめるわけではありません。

「あー、あー、あー(ただただパニック)」→「全然泣き止まない・・・やっぱり俺じゃダメなのか・・・(敗北感)」「お母さんが抱っこしたら泣き止むんやから、そっちの方が効率的やん!(開き直り)」というプロセスを辿ったりしてしまいがちです。

この様子を見て、ブチっとくるお母さんたちは多いんじゃないかと推測しますが、そんな時こそO.J.Tです。オン・ザ・ジョブ・トレーニング、です!

特に最初のパニックになっている時や、敗北感を感じているぐらいで、あやし方や抱っこの仕方を教えてあげてください。

それぞれの赤ちゃんや子どもが好きな抱っこの仕方やあやし方があると思います(好きな歌があるとか、抱っこしながらスクワットするとか)。それを手間でも教えて、場合によってはお手本を見せてあげてください。

結果的にお父さんの手で子どもが泣き止んだり、寝付いたりしたら、それはもう父にとって大きな感動と成功体験になります。そのうち、「寝かしつけは俺がしようか」とか「夜泣きか…俺の出番やな(ムクッ)」とか、頼んでもないのに自分から抱っこしたりあやしたりするようになるかもしれません。(体験談)

その時、だいたいドヤ顔をすると思いますが、そこは軽く褒めてあしらってください。くれぐれも「それぐらいでいい気になるな!」とは言わないようにお願いします。

 

◆男性は2つのことを同時にするのが苦手。

これはよく言われることですが、男女の脳の作りの違いで、女性に比べて男性はマルチタスク(複数のことを同時にすること)が苦手だと言われています。

科学的にどこまで信ぴょう性があるのか、私は門外漢なのでわからないですが、当たっているんじゃないだろうかと思っています。

歯磨きしながらおしゃべりできるとかマジで信じられないですもん。シンジラレナーイ!(ヒルマン風)

さて、この点で言うと、「料理はするけど後片付けしない」という熊田さんの発言は、実は父親あるあるだったりします。

私も料理はよくするのですが、洗い物は最後にまとめてになります。

「こっちで炒め物しながら、そっちでまな板と包丁とボウル洗うなんて無理やん!大道芸人やん!」「いやー、カレー煮込んでる時ならできるんですけどねぇ。バスタゆでてる間はーうん、ちょっときついかもですねぇ。」という気持ちです。

 

なので、奥様方に申し添えたいのは、夫がこんな感じだった場合、同時にやることを求めるのではなく、調理後、最悪食事後には洗い物をしてもらうように仕向けましょう。

その際、「全然洗い物してへんやん。これやと食器片付かんから、早くして!」よりも、「ご飯美味しかったわ!ありがとう!洗い物もお願いできる?」の方が効果的です。

え?「なんでそんな下手に出なあかんのじゃ!」って?

下手に出るんじゃないんです。うまく転がすんです。多くの男性は褒められると調子に乗ります。調子に乗って色々したくなります。そこをうまく刺激してみてください。

 

◆褒めることが大事。

熊田さんの発言から思ったことをつらつらと書いてきましたが、結局子どもも夫も褒めることが大事だということです。

山本五十六元帥も言っています。

やってみせ、言って聞かせてさせてみて、
ほめてやらねば人は動かじ

f:id:rippapa:20190113161509j:plain

 

本当に名言です。

 

やってみせ、言って聞かせてさせてみて、

ほめてやらねば夫は動かじ

 

と思っていただき、我慢強くダメな父親と付き合っていただけると幸いです。

育児しながら何で夫まで育てなあかんのか・・・という気持ちかと思います。すいません。

でも、Win-Winの関係を築くためにも、何卒寛大な気持ちで夫に接していただけると良いかと思います。

 

最後に、自戒も込めて父親の皆様。奥さんにこんな大変な思いをさせる前に、自ら積極的に育児や家事に参加しましょう。それが一番の解決策だと思います。本当に反省です。

あと、「ほめてやらねば人は動かじ」は奥さんにも当てはまると思います。日頃の感謝と労いは直接言葉にして伝えましょう。本当に反省です。

 

なんで、熊田さん記事から、私こんなに反省しているんだろうか・・・?

とにかく、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!